タイランド湾を見て暮らす・パタヤコージーライフ

Pattayaでのリタイヤライフです。旅行/日常生活/ゴルフ/鳥見/タイ語学習

シアン化合物連続殺人 元夫/同居の警察副署長逮捕③

 容疑者はやせ薬と称してサプリメントを販売していたようです。
 タンブンをしようとおびき出して、ハーブを主体とした「伝統的な薬」としてシアン化化合物の入ったカプセルを渡し、飲ませたようです。


 タイは被疑者の人権保護で、最近はぼかしで本人が特定されないようになっていますが、これでは、、、ともあれ
・3年前に離婚、ただし未だ同居中の元夫、警察署副署長が逮捕されました
・寝室は別とのことですが、子供は共同で養育しているとのこと
・逮捕状発効とともに、警察官を馘首。
・逮捕のきっかけとなった殺人事件の際、この元夫は容疑者と現場を訪れています。
・殺害後、被害者の自動車を運転して隣県の質屋で自動車を売却する手続きをしました。
・容疑者は被害者たちに生命保険金をかけていていました。
・この掛け金は元夫が警察基金から偽の要件で借りだしたもの


 容疑者らが使用している自動車から、シアン化合物入りのティーバッグ3袋が発見されました。1袋あたり15ミリグラムで、6〜10分以内に死亡するようであるとのこと。


++++
 結果的に言えば、警察が真面目に捜査すれば、監視社会であるタイではCCTVに殺人現場の状況が記録されていて、また強制捜査をすれば毒物などが簡単に発見されるわけです、、、ところが、今回の場合、容疑者の(元)夫が警察関係者だったというだけで、捜査されることもなく、被害者たちは病死として処理されています、、、こういう国なんです。