タイランド湾を見て暮らす・パタヤコージーライフ

Pattayaでのリタイヤライフです。旅行/日常生活/ゴルフ/鳥見/タイ語学習

タイ北部のブログ記事

タイ北部(ムラゴンブログ全体)
  • サイウア・ラーワン

     ツイッターを見ていたら、なんかうまそうだな、、、と。  ネットで「サイウア・メンラーイ」をひいたところ、下記の「サイウア・ラーワン」がヒット。この両者の違いは不明ですが、写真を見る限り同じもののよう、、、  上下記はタイ観光局の資料    この市場の位置図。  上図の右に四角く見えるのがチェンマ... 続きをみる

    nice! 4
  • ドラえもんで雨ごい

     タイ北部ナコンサワン県で行われた伝統行事だとか  見物人が水をまく中、飾りの付いた衣装をまとった人々が、ドラえもんのぬいぐるみの入ったかごを担いで村を練り歩くそうです。乾季に行われる伝統的な雨乞いの儀式「へーナーンメーオ」(雌猫の行列)と呼ばれるもの  記事によれば「猫が水を嫌う」ようで、猫が水... 続きをみる

    nice! 3
  • メー・ウォン国立公園は一年中寒い気候

    https://twitter.com/i/status/1786621778116186265 タイの国立公園局が投稿しているX記事  タイは現在全土で非常に暑い気温であり、山の公園に来ませんか?というお誘い  このメー・ウォン国立公園は年間平均気温が20度以下、、、とのこと。  日本での星見場... 続きをみる

    nice! 4
  • コンガーイ橋(顔を上に向けた橋)

     一般の道路橋では仏僧に頼んで仏教教理上で縁起の良い名前にするようです。  タイ国鉄でどのように橋の名前を管理しているか不明です。  Googleマップではสะพานโค้งหงาย サパンコーンガーイ、コーンガーイ橋となっています。  サパンコーンはアーチ橋。ガーイの直訳は「仰向けに」という意味... 続きをみる

    nice! 4
  • カオコーの花

     カオコー高原はメーホンソン星見遠征で星見場所ロケハンとして立寄った場所です  パタヤからほぼ1日の行程で、サステナビリティというか、毎度毎度2日3日と自動車移動してタイ北部の暗い空を目指すのではなく、移動は1日程度にして楽に星見遠征できる場所の候補地として調べた場所です。  カオコーも東西南北広... 続きをみる

    nice! 5
  • 今日の買い物

     いつもだと惣菜屋が並ぶエリア。2軒の惣菜屋が休み。  営業中はムスリムの惣菜屋のみ。  ムスリム系は一般にタイ南部料理で、味付けがココナッツであったり、猛烈に辛いので今日はブッカケ惣菜を買うのは諦めました。  仕方ないので鳥唐揚げ。  鳥唐揚げでもイイのですが、野菜がないと何か体によくない感じ。... 続きをみる

    nice! 13
  • メーホンソン星見遠征での初日成果

    メーホンソンで撮影した星雲や銀河の処理をやっと開始 まずは初日の赤い星雲。オリオン大星雲とバラ星雲が口切、  左のランニングマン星雲: ランニングマンの姿が浮かび上がっています  M42の周りのモヤモヤとした白い反射星雲もきれいに出ています  180秒✕10=30分露出 いっかくじゅう座のバラ星雲... 続きをみる

    nice! 5
  • 5月星見遠征?

     次回5月の新月は5/8。  上記、パタヤでの雲量グラフをみると、快晴(下の方の薄青色)はほぼゼロ    ただタイでは一般に北に行くほどどの季節においても晴れ間が見込めます  これはスコータイ世界歴史遺産付近での状況。  ほんのわずか、心持ち程度ではありますが、確実にパタヤよりは快晴率が上昇し、五... 続きをみる

    nice! 9
  • タイ国鉄 クンタン峠の3つの橋

     今回、タイ北部への星見遠征の帰り、結構大変な思い(藪漕ぎ+渓流登り)をしてタイ国鉄の橋梁をみてきました。  まずたどり着くためには私が経験したタイで最も急こう配の道路を通らないと行けません、   そして苦労してただり着いた、ソンホー橋、サームホー橋、コンポジット橋  その中のコンポジット橋(タイ... 続きをみる

    nice! 7
  • ランパーン県 ラチャダーピセーク橋

     ランパーン市内 Ratsadaphisek Bridge(ラッチャダーピセーク橋)  前回2020年末以来の再訪。  ラッチャダーピセークはバンコク市内の道路をはじめ、あちらこちらで見かけます。  ラッチャダ(รัชดะ、銀)とアピセーク(อภิเษก)からなる合成語のようで、具体的には即位25... 続きをみる

    nice! 5
  • 地味な鳥

     鳥は図体が大きくて特徴ある羽の色合いを示しているために、多少画像がぼやけていても一目で「ああの鳥」とわかる鳥がいます。  対して羽根の微妙な色合い、くちばしの微妙な形状の違いあるいは色合い、そして生息域で区別されている鳥がいます。  例えばこれ、朝の日の出直後でしかも背面が空なのでコントラストが... 続きをみる

    nice! 11
  • メークァンダムの吊り橋(再訪)

     チェンマイ中心部から直線で約20㎞、ダム湖に架かる吊り橋  2020年12月、北部パヤオ県までクジャクを見に行った際に立寄った橋。  橋歴板によれば2017年に出来た橋なので2020年立寄りの際はまだ新しそうに見えました。今回メーホンソンへの星見遠征の帰途に再訪してみて、ずい分と古びたな、、、あ... 続きをみる

    nice! 4
  • タイの少数民族

     メーホンソンの星見場所では毎朝6時にホテルを出て山道を登って鳥を探していました。  後ろからピックアップトラックに乗った少数民族の人たちがどんどん追い越していきます  夫婦なのか1台のバイクに乗っていく人たちも、、、  考えても見てください、先は行き止まりで無理やり進めばビルマに行くという道です... 続きをみる

    nice! 6
  • メーホンソンの花

     メーホンソンの山では、第二次世界大戦後、ケシの花が栽培されていました  野山を歩き回りましたが図鑑を見る限り、ケシの花のようなものは見られませんでした  、、、季節が違うのかもしれませんが。   花といっても、「草花の花」と「木の花」があり、今見るとゴチャゴチャですね

    nice! 9
  • カオコー星見観測地ロケハン

    なのd  今回の宿泊地はカオコー高原  おおよそ南北方向に25㎞あるカオコー高原の南西に位置場所で、西方向に2㎞で国立公園の森林に行きつくカオコー高原の最果ての地  空の暗さを示すSQMで21.94、、、最良値で21.99なので「ほぼほぼ限界に近い暗さ」  ホテルから南方向には人家がほとんどないの... 続きをみる

    nice! 3
  • 帰路4日目

     カオコーのホテルの朝食  agodaの予約時点では朝食は付いていなかったような、、、  それにしても朝食はこれだけなのですが、せめて食パンは欲しいもの、、、  宿の犬  我が部屋前で待機しています  人懐っこい犬です、、、、こういう犬もいれば吠えるだけの犬もいて、、、今朝の鳥見は犬に悩まされまし... 続きをみる

    nice! 5
  • 帰路3日目

    7時宿発 何もなければ朝7時に宿を出発します  このホテル、道の看板も含めタイ語しか書いていないので、路肩に車を止めてタイ文字を拾い読みして、ああここだと。  多分今回利用したホテルの中では一番安い部類ですが、部屋は一番良かったです、、、  朝一食目、クイッティアウ  麵ちょっと少なめ  作るおば... 続きをみる

    nice! 15
  • タイ国鉄北本線クンタントンネル

    1907年着工 1911年第一次世界大戦勃発によりドイツ人主任技術者逮捕 1918年完工 延長1362メートルでタイ国鉄営業線として最長トンネル  歴史的遺産であり現状でも現役のトンネル  バンコク側のメータンノイとの間に3つの橋があり、この日これから見る予定、、、結構大変な行程でした  チェンマ... 続きをみる

    nice! 5
  • カオコー宿泊地からすぐそばの「富士キャンプ」

     富士キャンプなのか富士山キャンプなのか、、、現地混同していまして、日本人的には大いに気になるところですが、タイ人はマイペンライ  開場は朝8時だそうですが、富士(山)キャンプという日本をテーマにした宿泊施設&カフェがあったので立寄り  中に入って写真を撮っていると入場料20バーツ請求 着  ハン... 続きをみる

    nice! 7
  • 橋巡り

     今回、再訪した橋が3橋  時が経っても変わらない橋、時とともに壊れていく橋、、、  チェンマイの水がめ、人造湖に架かるつり橋  上下線別々の吊り橋が並んで掛かっています  いろいろな問題がある橋で、壮大なる無駄遣いとでも呼べる橋だと思います  ただしタイは王国なので、行政=王政みたいなところがあ... 続きをみる

    nice! 7
  • カオコーでは雲

    Nikon α1 24F14 絞り開放 ISO12800 2秒 手持ち撮影 夕方時点で中天に月が出ていてしかも霞んでいる状態 寝る前9時ごろに見ると月はくっきりしているものの明るく、今シーズンの星見もこれでおしまいかと この段階では宿の再選定はもとよりエリアそのものを見直そうかという気持ちも 午前... 続きをみる

    nice! 13
  • 道路チェックポイント

     今日は400㎞ほど走りましたが、4カ所ほど道路チェックポイントがありました。  だいたい半分はチェックポイントのために車線が絞られて、ちょっとそこで渋滞が発生しているのですが、係員もいず「カラチェックポイント」状態。  また係員がいても、行け行けと手を振られて、、、それだけ。  その場所その場所... 続きをみる

    nice! 6
  • カオコー着

     タイ名物セブン犬。7-11の入り口にいるイヌ。  昨日、ホテルに着く直前の気温は41℃  今日も暑い1日でした  宿近くの国立公園、、、ビット(休業)とのこと  Googleマップの営業時間を見ると、今日はソンクラーンなので営業時間の変更があると記載されていましたが、お休みって?  ただ入り口で... 続きをみる

    nice! 6
  • 帰路二日目

     7時過ぎチェンマイ郊外の宿発  背面側が国道で、敷地奥を見ているところ  田んぼが続きます、、、ここ自体はチェンマイの近くなので都市光の影響がありますが、ここがひなびた田舎町なら星見の場所としていいかな、、、などといつもこんなことばかり考えています  宿を出てチェンマイに向かい、チェンマイの外郭... 続きをみる

    nice! 10
  • 帰路初日

     帰路初日のテーマは、  モン族の宿から降りて、メーホンソン盆地に入りビルマ寺の竹橋を見ること  チェンマイ北のダム湖でつり橋を再訪すること  その間、宿からの下り道を含め、日本軍が切り開いた国道1095線を通ります  初日行程の約8割がこの山道。  グーグルマップだと4時間ちょっととなっています... 続きをみる

    nice! 5
  • パタヤウォーキングストリートの水かけ

    https://twitter.com/i/status/1779259506398306438 ↑動画 まだやっと始動したばかりで、狂乱というほどではないですね、、、 映像には子供の姿が少ないですが、タイ全体としては子供の行事で、それを大人がサポートするというスタイルです  これはバンコクでの写... 続きをみる

    nice! 3
  • ビルマ寺院

     メーホンソンは隣接するチェンマイから3本くらいのルートで繋がっていますが、チェンマイからだとGoogleマップで自動車で5時間半以上掛かります、、、隣り合っている県なのに。  メーホンソンはもうビルマ、、、というのが今回の感想  寺院もほとんどがビルマ風で、タイ風寺院もないわけではありませんが、... 続きをみる

    nice! 6
  • 朝食のなぞ(半分)解明

     これは最終日朝の朝食  トーストは自分で焼いて共有のテーブルから持ってきます  ちょっと謎だったのが、右端のポットに入っているお粥の量  丼で2杯以上入っています、、、残すことせずにすべて平らげていました  普通、1人前といえばどんぶり1杯なわけです。  ちょっと多すぎ  長らく謎でしたが、よく... 続きをみる

    nice! 13
  • 最終夜

     前の晩と同様に午前1時起床、南の空の赤い星雲を撮影するため  夕方はほぼ全面曇りでしたが、未明は時間がたつごとにぐんぐんと星の明るさが増していきました  はくちょう座あたりを狙いたかったのですが、午前2時段階でもまだ低い高度だったので昨晩単独で撮影した星雲を二つまとめて取ることに  三裂星雲がち... 続きをみる

    nice! 8
  • 空爆と山火事とPM2.5

     ビルマ/ミャンマー国境から5㎞のところに宿泊して星を見るという今回の旅   実はビルマの内乱で日々1000人以上が続々とタイに避難してきています。  それらの人たちの難民キャンプが国境際にあり、そこをビルマ空軍が爆撃しています  タイへの越境空爆なわけです。  今回に限らず、ビルマ空軍によるタイ... 続きをみる

    nice! 6
  • 今朝は「ノゴマ」

     今朝の鳥は ノゴマ  英名 Siberian Rubythroat  直訳だと「シベリアのルビー色の喉」  図鑑を見ると  ・冬季に飛来する鳥  ・非繁殖期にタイに来る  ・タイ東部より以北(図鑑上ではパタヤでも見られる?)  和名は「ノゴマ」、漢字で書くと野駒  初見初撮りの鳥です  タイで広... 続きをみる

    nice! 11
  • パタヤへの帰路

     今ちょっとボーっとしています。若干寝不足気味。  昨晩は午前1時に起きて、5時まで星見、その後鳥見、朝食、、、  そろそろ、メーホンソン最終日に何時に宿を出るかの検討をしなければなりません。  チェックアウトは12時。  次の予定地まで5時間20分。  仮にチェックアウトまで二度寝するなど休養し... 続きをみる

    nice! 5
  • 夏の赤い星雲

     前夜気が付くと夏の銀河が見えていて、朝方には秋の星座も見ていたので、夕方ちょっと雲があったので早寝して午前1時起床。  朝5時まで星雲を見て後片付け、その後6時に鳥見に出かけ7時半に戻って朝食、、、という時間割。 M8(干潟星雲) オリオン大星雲と同じくらい明るくて大きな星雲なのですが、世間一般... 続きをみる

    nice! 5
  • バッテリー考

     先月のチェンマイ南部星見遠征の時にもうっすらと感じていましたが、バッテリーは意外と持つのかな?という感覚。  今シーズン最初の星見遠征はパタヤの沖合ラン島だったので、気温的にはパタヤと変わらずで、深夜まになっても25℃を下回らない環境で、当時は4万mAhのポタ電一つと、2万mAhのスマホモバイル... 続きをみる

    nice! 6
  • 今朝はヨーロッパシジュウカラとノビタキ類

     日本の四十雀(しじゅうから)はJapanese Tit  こちらはヨーロッパシジュウカラでGreat Tit  並べてみたことがないですが、ちょっと大きめなんだと思います  コロナで日本に帰国してワクチンを打っていた頃、ホテル近くの成田山新勝寺で鳥見していました。  その時、ヤマガラとシジュウカ... 続きをみる

    nice! 6
  • 星見場所ロケハン

     朝6時前にバンガローを出ていつもの鳥見  今朝は昨晩の反省もあり、客が増え始めて広場が明るくなった場合に備え、宿から手近な場所に出張して星を見るべく、星見場所のロケハン ①宿から500m、道路際スペース  3方向見晴らしの良い道路際。  山道に作られた農道なので道幅が狭いのですが、ここだと車を脇... 続きをみる

    nice! 5
  • 今朝はニシオジロビタキとハイムネハウチワドリ

     毎朝6時に起きて山道を歩き鳥を探していますが、その日ごとにメインの鳥が変わります  何故なんでしょうね、、、同じ時間帯に同じ道を歩いているんですけども。  昨日あれだけいたのにと毎朝思います。  昨日いたから期待していくと1羽も出会わず、新しい道に入っていくとオオこんなところにこんな鳥がいたか、... 続きをみる

    nice! 10
  • 鳥見の橋

     鳥見の場所で渓流を渡るところがあり、車両はそのままざぶりと渓流に乗り入れて渡り、歩く人はこの橋を渡ります。  まあ理屈といえば理屈なのですが、2本の丸太があり2本丸太が共同して荷重を受けるためには横桟が必要ということなんですが、、、  歩く分には足が引っ掛かって転んだらどうしようという思いばかり... 続きをみる

    nice! 4
  • 4晩目

     午後5時の状況  西に沈みゆく太陽を覆い隠す分厚い雲  気象当局の雨雲レーダー画像を見ると、アンダマン海からの湿った風が西風となって吹いていてタイビルマ国境地帯の山を越える際に雲が発生しているよう、、、まさに写真の状況  最悪、雨も降りそう。  メーホンソンの状況というかタイ全土の状況として雨雲... 続きをみる

    nice! 6
  • 宿の環境

     宿の敷地の真ん中に道(1車線)が通っていて、マウンテンビュー(山手側)とリバービュー(低地側)の2つのエリアに分かれます。  大きな建物は宿の主人の自宅兼、食堂です。  道路自体は建物の裏側を通っています。  方角は南側になります。  夜の8時半ごろまでは食堂の照明があり、南から東の星見は✖です... 続きをみる

    nice! 5
  • 今朝の太陽

     12時方向、3時方向、8時方向に黒点が見えます  Xには天文界隈の方で米国へ日食遠征した方の投稿が並んでいます。  決して強がりではなく、日食を見るために海外遠征はしないかな、、  ただ経験的にいえば、米国での日食が一番行きやすいとは思います。  私がアメリカに行っていたのはもう30年近く前なん... 続きをみる

    nice! 10
  • 宿の夕食

     夕食は宿でとることにしました  宿から山道を800mほど歩けば集落の中心部に出て、そこには3軒ほどの食堂があることはわかっていますが、宿でも同じ程度のものは食べられるので、宿で取ろうかと。  今まで3泊しましたが、客は私一人です。  これからソンクラーン休暇本番になりますから、客が増えるのかどう... 続きをみる

    nice! 7
  • 水分補給

     タイでは水道の水は飲めません  なので飲料水はペットボトルの水になります。  タイの宿では人数ではなくて部屋単位でホテル料金が決まりますが、多分、タイ観光局あたりの規則なのか、1泊予約すると2名利用が標準でペットボトル2本の水が付きます。  これは全国共通です。  基本は夜泊まるわけですから一晩... 続きをみる

    nice! 4
  • 赤い星雲

     二晩目の成果。  初日、Φ203㎜で撮影しようとしたところ、全面レンズに夜露が付いてこれはダメだな、、、  他に屈折鏡筒を2本持ってきていて、レンズ前面にフードが付いているので夜露は付きにくいだろうとのことで、Φ120㎜の赤い星雲専用鏡筒で冬の名残の赤い星雲を狙いました  冬のオリオン、、、時期... 続きをみる

    nice! 5
  • パ―イの吊り竹橋

    Pai BamBoo Sling Bridge というのが英名  右側に斜路が見え、斜路下端が現地盤緬なので、3m程度は持ち上げています。  つり橋の全水平力を両端の主塔で対抗する構造なので随分と頑強にできています。  竹橋とはいってもグレード高め。  橋面の下の軸方向に4本のワイヤーが通っていて... 続きをみる

    nice! 4
  • 朝の鳥見散歩

     宿はビルマ国境から5㎞のところ  宿から奥に山道が続いていて、多分このまま歩いていくとビルマに入っていくのでしょう、、、  タイとビルマの国境には国境管理施設がありますが、「自然国境」と呼ばれる「出入り自由」な道が無数にあります。  ビザなしでの不法労働とかでいったん入管に検挙されると、国外追放... 続きをみる

    nice! 8
  • 日課

     先ほど二度目の起床、12時15分  メーホンソンの宿に寄宿して4日目を迎えています。  現時点での理想的な日課というか日々の時間割は、 ・朝6時起床、鳥見に出発。  宿から山方向に歩いて、山を切り開いた畑や山道を歩いて鳥を見ます ・朝7時半~8時頃、朝食。  鳥見から宿に戻ってくる時間は日により... 続きをみる

    nice! 8
  • パ―イの竹橋

     パ―イ川の右岸側に排水路の樋門があり、その天端に橋の入り口があります。  橋を架ける際に特段の理由がなければまっすぐかけるわけですが、この橋は途中で曲がっています。  Googleマップで過去写真を検索すると以前の橋は流出したようです。  前の橋の残存した河川内基礎等を利用したためか、、、積極的... 続きをみる

    nice! 8
  • 宿の朝食

     二日目の朝食です。  ちなみに初日はフルーツがイチゴでした。  朝食としては十分に満足。  マーガリンを付けすぎたトーストはちょっと気になりますが、、、、  お粥はポットに入れられて配膳され、写真の量で約半分。  よってこの量の2倍を食べています。  お粥は刻んだショウガと豚ひき肉が入ったもの。... 続きをみる

    nice! 8
  • 宿から出不精になりそう

    ビルマ国境から5㎞のところで7泊の予定 当初の予定では なるべく早めに県庁所在地のメーホンソン市まで行って買出ししたり、日々、集落の中心くらいまでは往復して観光客相手の食堂で食べたり、ちょっと足を伸ばして中国亡命者部落とか国立公園まで行くのかな、、、と。 今の感じでは3日間くらいは自動車も使わず宿... 続きをみる

    nice! 9
  • 宿のリバーフロント

     今回の宿の部屋の種別には何種類かあって、選択したのはリバーフロントバンガロー  実はどこに川が流れているのかも予約時点ではわかりませんでしたが、AGODAの写真を見る限りある程度の眺望があり、望遠鏡を広げられる平場もありそうだったのでこれを選択  バンガローから見た川の方向  テントが張ってあっ... 続きをみる

    nice! 6
  • 38℃ ただしそれなりに涼しい

     バンガロータイプの部屋で、一段高くなった玄関の先にちょっとしたスペースがあり、そこに観測に使うイスを置いて涼んでいます。  実はエアコンのないタイプの部屋で、部屋の中には扇風機があるだけです。  ただし、両側の窓を網戸にして風通しを確保すると意外と涼しく、部屋の中にいても問題ありません。  ただ... 続きをみる

    nice! 6
  • パ―イ 少数民族の竹の橋

     パ―イの街から車をハイヤーしたり、レンタルバイクで来る人が多い「観光地」  今回、急坂急カーブの道を随分と走りましたが、少数民族の集落は道自体が多数民族を寄せ付けないようなところがあります。  入場料30バーツ。  タイであるあるですが、集金係がいてその先10mに切符もぎり係が配置されているスタ... 続きをみる

    nice! 7
  • パ―イの鳥

    ムネアカゴシキドリ 何枚かアングルを変えて撮影 これは一番近くに寄ったもの  バックショット  この鳥は鮮やかです  パタヤ市内はドバトかチョウショウバトですが、野山に出るとキジバトの世界です オナガサイホウチョウ この鳥は薮の中で鳴いている時しか目にしていませんでしたが、この日はつがいで飛び回っ... 続きをみる

    nice! 13
  • パーイの朝

     パーイの朝はスマホが充電できないということから始まりました。  予兆は10日前ごろにもあったのですが、スマホが充電できなくなり、充電できなければテザリングができない、、、となるとiPad等が動かないという状況になります。  自動車旅ではGoogleマップで地図を表示しながら旅しますので、テザリン... 続きをみる

    nice! 8
  • パーイの鉄道橋

     この橋、メモリアルブリッジとあり、趣旨としては日本軍が架けた端であるという意味合いに取れそうです。  タイに来る外国人観光客の最大の観光スポットは戦場に架ける橋、、、で、日本軍が戦争捕虜を使った強制労働で作った橋ということで英国、オーストラリアなどの観光客をひきつけています、、、タイ観光当局とし... 続きをみる

    nice! 3
  • パーイの宿

    パーイの北のはずれの宿 AGODAで調べると見晴らしの良い庭があるので選んだ宿 バンガロータイプの前にこの庭があり、方向は西方向が見えています ちょっと曇って見れるのはPM2.5と思われます 今晩星を見るのは半々。  エアコンなしの部屋、、、ファンのみ。さっきから扇風機最大回転  昨晩のタークも昼... 続きをみる

    nice! 4
  • タークの吊り橋

     タークの吊り橋は前回のチェンマイ南部星見遠征で立ち寄った橋です。  今回タークを中継地点に選んだのは純粋に行程上の制約からですが、コースとして国道1号にするか、国道11号にするかという点では、中継点がタークとなる国道1号を選んだのはこの橋の夕景を撮りたかったため。  平日の夕方、ほとんどの人が川... 続きをみる

    nice! 9
  • タークの夕食

     タークの川岸に中華街があること、市場があることは依然立ち寄った際にわかっていて、そこを目指してGoogleマップ頼りに行ったところ、夕方なので付近の道は大混雑  ちょっと離れたところに路駐して青空市場へ  夕食① 手前の丸い揚げたものはご飯です。  おにぎりよりも軽くふわふわにしたものを上げてい... 続きをみる

    nice! 5
  • 初日パタヤ⇒ターク

     朝6時15分発、予定だと自動車走行所要時間で7時間ですが、 途中での休み含めて7時間でターク着。  大きな渋滞もなく、一般道で100㎞/hr程度で走れたのと、パタヤ市内を含めても交通信号で停車したのは4回ほど。これ以外に料金所での停車が3回。これはほぼ想定通り。  船の形が店の前にあります。  ... 続きをみる

    nice! 5
  • 星見遠征に出発

     4月の新月4/8に合わせ、タイ北部メーホンソン県までの星見遠征に出発。  一泊目はタイ北部低地ターク、二泊目はチェンマイの奥座敷とも言われ西洋人で賑わうパーイ。3日目はパーイから2時間弱で目的地のメーホンソン県モクチャムペまで移動します。  1週間の宿泊予定でタイ少数民族のモン族の人が経営するホ... 続きをみる

    nice! 3
  • 星見遠征 朝のメニュー

     前回のチェンマイ南部星見遠征で大量の鳥写真を撮り貯めたので、最近は朝一で鳥写真サイトZooPickerへの投稿を行うのが日課になっています。  今朝もコウラウン(紅羅雲)の投稿を終えたところ、偶然自分の過去投稿写真が表示されみるとカンムリワシの写真。  撮影場所はDoi Pha Hom Pok国... 続きをみる

    nice! 4
  • 遠征までにやることなくなったので梱包開始

     下記は次回メーホンソン星見遠征で自動車に積み込む荷物のリスト  前回も同様なものを作成したのですが、 ・リストに漏れがあった ・リストに計上しながらも、狭い自室を探しきれず現地で新規購入した  などの不手際が発生しました。  また日々のベランダ観望では問題にならないのに、遠征では大きな課題になっ... 続きをみる

    nice! 3
  • タイの中の中国

     今回、4月遠征の場所を探している中、宿予約完了後に「ああこっちの方がよかったかな」という場所が何カ所かあり、その中で一番良さそうだったのがメーサロンというチェンライ県の山の中の集落です。  Googleマップでメーサロンを検索すると、左肩の写真のような中国風のあずまやの写真が出てきます。  そし... 続きをみる

    nice! 6
  • カンペーンペット・スコータイ世界歴史遺産

     スコータイ世界歴史遺産はスコータイ、シーサッチャナライ、カンペーンペットの3つの地区からなります。  スコータイとシーサッチャナライは王宮があったようですが、ここカンペーンペットは大河川ピン川に臨む要塞だったようです。副王くらいはいたかもしれません、、、  遺跡は二つのエリアからなりこの日は要塞... 続きをみる

    nice! 6
  • 宿選び

     宿はagodaで検索します。  宿の環境についてはagoda内の写真でも調べますが、Googleマップでもチェックして最終的に宿を決めます。  以下は、3月チェンマイ南部星見遠征で使った宿のGoogleマップ写真。  園地があって「展望台」があることがわかり、結果的に実際の遠征でも5夜間ともこの... 続きをみる

    nice! 6
  • パーイ

     次回メーホンソン星見遠征で、パタヤからの往路2泊目に宿泊する場所はパーイ。  タイ観光局の説明では、  メーホンソーン県にある小さな町・パーイは、チェンマイとメーホンソーンを結ぶバスの休憩地として知られています。気温はタイ中部の都市より4~5℃ほど低く、一年を通して過ごしやすい山間部の避暑地です... 続きをみる

    nice! 7
  • ブン・ボラペットでの鳥見

     ナコンサワン   4本の川が合流してタイの大河チャオプラヤ川ができるあたりに巨大な氾濫原があり、野鳥の保護区としてブン・ボラペットがあります。ブンはタイ語で沼という意味。  朝一はアジアヒメウでした。  近くでバタバタしている鳥がいて、ちょうど魚を捕ったヒメウ。  この写真、遠近感がズレているの... 続きをみる

    nice! 5
  • 4月遠征先の食事

     とにかく空が暗い場所を選んだので、日々の生活は何かと不便なところです。  ですからパタヤか移動経路上で食料を買いこむ必要も想定されまずは周辺の状況調査  街の真ん中にスーパーマーケットがあり、レストラン/コーヒーショップが3軒あります  朝食は一応宿泊料金に含まれていて、最低限の朝食、、、例えば... 続きをみる

    nice! 8
  • チェンマイの客室稼働率、3月は昨年の30%

     チェンマイの今年4月の客室満室率が、昨年4月に比べてわずか30%であったとのこと  対して、ソンクラーン期間中には満室率が70%程度まで上昇すると予想しているようです  チェンマイのホテルが人を呼び込めなかった理由としては、PM2.5、大気汚染の問題がタイ全体広く話題になり、特にタイ北部の状況が... 続きをみる

    nice! 4
  • チャオプラヤ川源流のアーチ橋

     3つのアーチ状の構造からなる「アーチ橋」です。  右側の地面に落ち込むような曲線は龍の両足のように見えます。  茶色く見える2本のアーチは、写真左側部分ではその上面が通路になり、中央部から右にかけては歩廊の屋根になります。上部アーチは死荷重にしかならず、構造を支えているのは中に挟まれるアーチで、... 続きをみる

    nice! 10
  • 聞いていないよ、、、最高気温44.5度

     パタヤはタイランド湾沿いなので暑さはそれほどでもなく、上記地図の中では最も「涼しい」黄色のエリア。  ただし、4月新月期に星見遠征するタイ北部ビルマ国境地帯は「最も暑い」か「次に暑い」エリアであるという予報。  『4月、タイ北部の天気予報』  全般的に蒸し暑い天気となるでしょう。  そして、多く... 続きをみる

    nice! 5
  • 星見遠征の帰途

     4月新月期の星見遠征については、2泊3日かけてビルマ国境まで行き、1週間星見して戻ってくる予定で、往路+星見1週間については宿泊先を予約済み。  往路2泊目も星見遠征先候補地であるため、連続8晩は宿に滞在しながら敷地内で星見をできる環境にあります。  往路はパタヤから直行で1050㎞、東京から西... 続きをみる

    nice! 3
  • 橋巡り 新着情報

     タイの鉄道旅を紹介している英国人リチャードのX投稿  チェンマイに旅をして、アーチ橋のたもとでテント泊、翌日、クンタン駅に向かいます  On the second day we visited Khun Tan Station and then drove to the nearby Three... 続きをみる

    nice! 2
  • バイクで星見旅行

     今期は自動車でタイ北部まで星見遠征するとして、来期はバス+レンタバイクで行くとしたらどうなるかの検討。  最大の懸念事項は、天文機材をバイクで運べるか、ということ。  バスで地方の拠点都市、ここではチェンライまで移動するとして、バスチケットさえとれば後はバスで寝ていけば翌朝にチェンライまで運んで... 続きをみる

    nice! 4
  • タイ最長吊り橋 ラッタナーコーシン200周年記念橋

    旅の途上から投稿していますが、写真を見直して稿を改めたもの タイ北部ターク県ターク市のピン川に架かる 『ラッタナーコーシン200周年記念橋』 สะพานสมโภชกรุงรัตนโกสินทร์ 200 ปี  橋長435mのタイ最長吊り橋(私調べ)です。  前から気になっていた橋ですが、パタヤか... 続きをみる

    nice! 5
  • 寝台バスとバイクで行く星見遠征

     タイ国内で最も星が見える場所はビルマ国境のチェンマイ県ファーン近傍です。  よく鳥見に行く地域で、鳥見の場合、移動経由地でも鳥見ができるので、ファーンに3泊くらいして、パタヤからの往路復路で経由地で鳥を見るという行程を組んでいました。  対して星見の場合、なぜファーンに行くか?といえば空が暗く快... 続きをみる

    nice! 3
  • 鉄は熱いうちに打て

     鉄は熱いうちに打てではありませんが、チェンマイから時間をかけてパタヤに戻る道すがら考えていたのは4月遠征のこと。  特に、チェンマイから移動したロッブリーでの星見が大失敗だったのと、現実問題として4月新月期が今シーズン最後の星見チャンスになるため、頑張ってみようと思っているところです。 上図で4... 続きをみる

    nice! 5
  • カンペーンペットの鳥見

     和名だとダルマインコになるようですが、ダルマインコで検索すると別の種が出てきます  正式な和名はないようです。  未成熟のオス、初見初撮りの鳥です。  クロカッコウハヤブサ  以前どこかで見たかな?と調べてみると初見初撮りの鳥でした。  一か所でライファー2種(ライファー:初めて見た鳥)とは幸先... 続きをみる

    nice! 10
  • ソンクラーンまであと1か月

     タイのアルコール委員会はソンクラーン期間中、水かけ祭りでアルコールを飲んでもよいと発表したとのこと。  タイはアルコールについて結構厳しい、、、法律としては、、、ですが、今年は騒乱状態になる水かけでアルコールを許容するとのこと。まあどうなることやらです  さて、いろいろ考えて、期間中、パタヤを離... 続きをみる

    nice! 6
  • カオノー

    タイ観光ブログ-【ピサヌローク発】ナコンサワン県カオノー登頂  タイのHISで登頂ツアーがある「カオノー」  往路、道の反対側だったので電線と樹木の隙間から  復路  ワットカオノーというこの山体にある寺院の参詣道があり、そこからのショット  ナコンサワン⇔カンペーンペットの経路上にありますが、多... 続きをみる

    nice! 11
  • チェンマイ⇒ナコンサワン

     nincha 忍茶 冷たい甘いお茶を売る店  忍者はタイでは人気者です。  ラーメンは、、、バンコクならいいのでしょうが、タイ北部の道路際の出店で客が来るのでしょうか、、、昼時で客ゼロ。  美味いんですけどね、2品で80バーツは高すぎ?  最近、タケノコの千切り炒めを見かけると選んでしまいます ... 続きをみる

    nice! 7
  • 月、ライトアップ

     往路ナコンサワンで見た橋の下流から見た全景写真とライトアップ写真を撮影すべく、夕食を済ませて川の堤防へ。上流側に微かに橋が見えたのでひたすら歩くことに  気が付けば背中の方向に月。  NikonCP950を手持ちで撮影  まあお手軽ですよね、月の詳細構造を狙わなければ、これで十分なのかも   川... 続きをみる

    nice! 6
  • 夕食1

     チェンマイからの中継地点であるナコンサワンの街に車が入ったところで、いつものステーキ屋台が道端に置かれているのを発見。  午後5時、食べにくるとテーブルが歩道に並んでいるものの、スタッフは待機中のよう  私の英語は全く通じなかったようで、タイ語で話せとのことだったので、  ポム ヤーク ギン テ... 続きをみる

    nice! 7
  • 夕食2

     案に相違のチキン煮込みを食べてしまい、その後、炭火焼ステーキを発見した時にはそこまで食べる気もなく、プランB(缶ビール+ポテチ)かとホテルに戻っているときに  オババのクイティアウ屋台を発見  一人で寂しそうだったので、売り上げに貢献しようかと  ホルモン系の皿があり、これとこれとこれ、、、全部... 続きをみる

    nice! 6
  • 今日の買い出し

     パタヤにもいるセブン犬  扉が開くたびに涼しい風が来ますし、何人かに一度は食べ物を恵んでくれます  こういった犬は大人しく人懐っこいです  バナナの串焼き  今日はここから3品。  手前左のタケノコの千切り  奥左の豚角煮  いろいろな肉が入っていて、一つ一つ確認してくれ、これはいるか?  最初... 続きをみる

    nice! 8
  • 赤い星雲

     ブログに載せるため画質を落としているので微細な星が消えてしまいましたが、元画像は溢れるような星々。  右に比べると左が星の数が少ないですが、これは手前に暗黒星雲、、、ガスや塵があって後ろの星を見えにくくしているからです  バラ星雲  撮って出しの画像なので赤がはっきり出ていません   でも現時点... 続きをみる

    nice! 7
  • 今日の朝食

     昨晩の相客は10人を超えていたようで、その中には僧侶の一団も。  いろいろと様子を見ると、一般人3家族くらいがいて、その車にはばらまき用の大量の菓子や僧侶用の用具をピックアップトラックに載せていて、僧侶の集団はその家族に随伴しているようです。  どこかの寺で行事があり、そこに3家族が参加し、つい... 続きをみる

    nice! 7
  • 今後の旅程

     現時点まで、 ① パタヤ⇒チェンマイ南 1泊2日行程 ② チェンマイ南観測地  5泊6日  という行程で確定。  これからどうやってパタヤに帰るか、、、  宿泊候補地、または経由地として ・シーサッチャナライ歴史公園、、、スコータイ遺跡+星見 ・カオコー国立公園、、、鳥見+星見 ・ナムナオ国立公... 続きをみる

    nice! 2
  • 星雲銀河

     Φ203㎜鏡筒です。  一晩続ける体力、、、身体能力というより電源ですが、、、がなく、日の入りとともに1セット撮影を行い、午後9時ごろにいったん撤収して就寝、この間にバッテリーを復活させ、午前零時に起床して2セット目を行うという感じ  一度望遠鏡をセットしてしまうと、あとは無事に望遠鏡が動いてい... 続きをみる

    nice! 7
  • チェンマイ3日目

     空に雲、今晩はダメかなと思いましたが、夕方には見た目、晴れ上がりました。  ただ薄雲というか、PM2.5で覆われている感じもします。  昨晩も同じ場所から赤い火の手が上がっていました。  山焼きです。  昔は山焼きして焼き畑農業を行っていましたが、今は何で山を焼くのでしょう?  自然発火?  チ... 続きをみる

    nice! 4
  • 今日の買い出し

     初日に買ったマンゴーが無くなったので追加購入。  小粒、、、3つで20バーツです。  ちょっと高め。多分外国人だしお釣り面倒だから札1枚という値決めだと思います。  実際、1個1個選んで買う客はいないようで一袋10個くらい入っているビニール袋入りで売られています。  今日も袋入り惣菜から、、、惣... 続きをみる

    nice! 4
  • 昨夜の友

     2日目の晩から本格的に星見稼働。  1天体300秒1枚で1時間撮影という感じなので、1回セットしてしまうと1時間はやることがありません。  Youtubeを視聴したり、次にどこに行くか、、、パタヤに直帰か、どこかに立ち寄るかなどを考えながら時間を過ごします。  昨晩はキャンピング用のソフトシート... 続きをみる

    nice! 9
  • 今朝の朝食

     週末だからか、客が多く、鳥見をしていた関係でちょっと出遅れて朝食会場へ。  昨日は目玉焼きとソーセージがあったのでそれを注文すると、今日はライススープだと  お粥ですね、、、   今朝は玉子がないので、、、明日は用意するからとも。  お粥の中にひき肉が入ってはいますが、ちょっとたんぱく質が足りな... 続きをみる

    nice! 6
  • 市場の風景

     北部タイの特徴ですが、交差点はロータリー形式になっている場合が多く、そこが街の中心だとロータリ中心に時計台が立っています。、、、一つの流行というか地域特性なのだと思います。   焼きバナナ  パタヤでもありますけども、こんな感じで焼いているところを見ることは余りありません  焼くと甘くなるのでし... 続きをみる

    nice! 5
  • 今日の食事買出し

     パタヤだと基本、トレーから惣菜を選びます。  近くの市場だとトレーもありますが、半分くらいの屋台は事前にパック詰めのものが並んでいます。  今日はトレーにめぼしいものがなく、パック詰めの中から選択。  トレーで頼むとちょっと多めで40バーツのところ、パック入りは基本おひとり様の分量みたいで30バ... 続きをみる

    nice! 6
  • 撮って出し

     ライブスタックと言って、撮影中の画像を自動的にスタック合成したもの  ノイズ処理をしていないのでざらざら感が残った画像です  オリオン大星雲  パタヤだと左下のランニングマン星雲が出てきません  白い反射星雲という種類の天体なので都市光の中に埋もれてしまいます  燃える木星雲と馬頭星雲  右端は... 続きをみる

    nice! 11
  • 昼飯の買い出し

     山を下りて国道のロータリーを回ったところが市場。  市場の前にずらりと路上駐車があり、道も狭まっています。  ざっくり見ると市場の中はそれほどでもなく、歩道にずらりと屋台が並んでいて、何種類かのバリエーションが選べそうなので一安心。  昼飯用の惣菜、パタヤにもある惣菜をチョイス。鶏肉、きくらげ、... 続きをみる

    nice! 7
  • チェンマイの宿

     チェンマイの宿ですが、チェンマイといってもチェンマイ県にあるというだけで、チェンマイの街から100㎞ほど南西に下ったところ、山の中の宿です。  宿というか宿泊地の選定として「山の中」。  できれば宿で星を見たい、、、これはAGODAの写真を見てもわからないので、開けてびっくり、、という感じもある... 続きをみる

    nice! 9
  • 宿の朝食

     宿泊料金込みの朝食  まあ、、、シンプル。  食パンは傍らのトースターで焼けばいいのと、飲み物も一揃い  パタヤの朝食だと、ハムとチーズなのでトータル的カロリー的に見えればこちら方が上  ただ自宅ではヨーグルトとか、デーツ・レーズンを合わせて食べているのでそれを考えるとミネラルとか乳製品がちょっ... 続きをみる

    nice! 7