タイランド湾を見て暮らす・パタヤコージーライフ

Pattayaでのリタイヤライフです。旅行/日常生活/ゴルフ/鳥見/タイ語学習

今日の買い物

 久しぶりに火金市場惣菜部の通りの反対側の大屋根の下へ  今履いている靴のつま先がチョット切れているようで、砂とかが入ってくるようなので靴の買換えを目論んでいるところ  パタヤの街を歩く限りだと問題ありませんが、鳥見などでは支障も出る感じです。  今履いている靴をどこで買ったか記憶がなく、一時帰国した際にイオンかどこかで買ったのかな、、、  センタンなどに行けば1足数万円の靴もありますが、何とな…

世界ビーチコーフボール選手権 in Pattaya

https://thepattayanews.com/2024/04/24/pattaya-to-host-ikf-world-beach-korfball-championship-from-april-26th-28th/ 今年もパタヤで 世界ビーチ コーフボール 選手権大会が開催されるとのこと。  ビーチ コーフボールは、ビーチの砂浜で行うバスケットボールのようなもののです、、、  前回だ…

パンにカビ

(写真はネットから借用)  2週間に渡る星見遠征の帰り、パタヤに入って自宅に戻る途中、makroで食パン購入。  私、毎朝パンを2枚食べています。  そして今朝、パンにカビが生えていることを発見、、、、  イメージとして、タイは熱帯だからカビなんて生え放題だろう、、、と思われる方も多いと思います。  食パンに限って言えば、開封した後でも袋を閉じておけば、今までカビたことはありませんでした。  わ…

タイ国鉄 クンタン峠の3つの橋

 今回、タイ北部への星見遠征の帰り、結構大変な思い(藪漕ぎ+渓流登り)をしてタイ国鉄の橋梁をみてきました。  まずたどり着くためには私が経験したタイで最も急こう配の道路を通らないと行けません、   そして苦労してただり着いた、ソンホー橋、サームホー橋、コンポジット橋  その中のコンポジット橋(タイ国鉄の橋名)について、整理中ですが話のつながりとして日本の東名高速道路まで繋がるような話が出てきまし…

日本の皆さんはどれくらいの暗さの空で星を観ているのか?

 今朝このツイートを見て、日本の皆さんはどれくらいの暗さの空で星を観ているのか?が気になりました。  4月星見遠征で遠征先をどこにするかの判断に使った図。  SQMは空の暗さを示し数字が大きければ大きいほど「暗い空」  結局、ホテルが確保できるメーホンソンを選びホテル位置でのSQMは21.97  たしかに空自体は暗かったのですが、 ・パタヤから1060㎞/延べ3日間の自動車移動が必要 ・時期的に…

タイの気温44.2℃

これは4/22の気温ですが、このところこんな感じの高温が続いています。 図の下側右がパタヤの辺り。予報では40℃くらい。 トラックの下で寝る作業員  ソンクランも終わり市内各所で道路工事再開。  パタヤ市も一応気にしているようで、電力関係の工事とか排水関連とか、道路車線規制したら一連続区間でいろいろな工事を実施中。  まあ暑いのはわかるけど工事区間として閉め切っているのだからパッパと工事をしてよ…

今度はANA

 6月のバンコク⇔東京の航空券の状況。  乗継便を除くと、 ・4万円台のThai AirAsiaXとAir Japan ・7万円台のANAとZIPAIR  比較のレベルを合わせるためには預け荷物の料金を加える必要があります。  私の場合、往路:スーツケース1個、復路:スーツケース2個  LCCの場合、概略1個5千円とすると1万5千円程度を上乗せする必要があります。  預け荷物込みの超概算で見ると…

深く考えると釈然としない

 私の場合、クレジットカードの海外からの利用になるので、楽天市場とかamazonの場合は問題ないようなのですが、望遠鏡販売店のサイトとか、航空券販売サイトだと大体が「このカードは使えません」状態になります。  この場合、楽天カードに電話するかAIチャットで「カード所有者が自らの購買でカードを使用する」ということを証明する作業が必要です。  実際には〇月〇日に〇〇円(あるいは〇〇バーツ)の品を購入…

ガソリン給油

 ソンクラン明け、星見遠征で2週間以上、バイクに乗っていなかったためガソリンが空になり、買い物の際にGSへ。  自動車の場合、残燃料が100㎞走行を切った段階でGSに立寄り、1000バーツ分のガソリンを給油します。  1000バーツ分にするのは、 ・残燃料100㎞を切ると、確実に1000バーツ分は余りなく給油できること ・スタッフは1000バーツに設定して給油を開始するので、ほぼ自動的に給油も完…

ランパーン県 ラチャダーピセーク橋

 ランパーン市内 Ratsadaphisek Bridge(ラッチャダーピセーク橋)  前回2020年末以来の再訪。  ラッチャダーピセークはバンコク市内の道路をはじめ、あちらこちらで見かけます。  ラッチャダ(รัชดะ、銀)とアピセーク(อภิเษก)からなる合成語のようで、具体的には即位25周年記念を表す意味のようです。  写真左手は古い商家が続くかつての街の中心地。  街の中で隘路になっ…

地味な鳥

 鳥は図体が大きくて特徴ある羽の色合いを示しているために、多少画像がぼやけていても一目で「ああの鳥」とわかる鳥がいます。  対して羽根の微妙な色合い、くちばしの微妙な形状の違いあるいは色合い、そして生息域で区別されている鳥がいます。  例えばこれ、朝の日の出直後でしかも背面が空なのでコントラストがほとんどない写真です。ただこの写真を見た時に「ああ、あの鳥だ、、、」と。そしてライファー(初めて見た…

うれしさ半分

 昨夕、余りにも暑いのでセンタンに涼みに行きました。  とはいえ入る店もなく、本屋で新しい入荷はないか?と見たところ、いつも鳥関係が並んでいるところがジグソーパズルの棚になっていて、鳥は人気がないから撤去されたかなどとちょっと焦って店内を探索したところ、Thai-Interestという「タイの趣味」?というコーナに鳥関係が並んでいて安堵。  ちょっとうれしかったのが、「Birds of Thai…

ダークフレームの撮影

 さすがに2週間も星見遠征すると後始末もたくさんあり、やっとダークフレームの撮影。  ダークフレームは天体を撮影している時に、CMOSセンサーが熱によるノイズで感光してしまうもの、ダークノイズの画像です。  外部から光が来ないようにして天体撮影時と同じ条件で撮影して「ダークノイズのみの画像」を作成し、これを写真成果から差し引くときれいな星の写真になります。  今回、  露出は60秒、120秒、1…

タイ南部パンガー県の鳥見場所

 今朝FBを見ていたら投稿されていたもの  タイ南部パンガー県の仏教寺院での鳥見風景    皆さんの持っている望遠レンズ、一目100万円越えですね、、  これだけ大きなレンズだと三脚も必要だし、じっくり構えて撮るのでしょうが私のスタイルに合わないので、、、とちょっと負け惜しみ。  「ハイド」といいますが、鳥見用の撮影場所ですね。  こういうのがあるのは国立公園内など鳥見場所として有名な場所だけで…

メークァンダムの吊り橋(再訪)

 チェンマイ中心部から直線で約20㎞、ダム湖に架かる吊り橋  2020年12月、北部パヤオ県までクジャクを見に行った際に立寄った橋。  橋歴板によれば2017年に出来た橋なので2020年立寄りの際はまだ新しそうに見えました。今回メーホンソンへの星見遠征の帰途に再訪してみて、ずい分と古びたな、、、あと10年モツか?という印象  タイ暦2560年(西暦2017年)完成  サパーン・クワン・チュワム・…

今朝の買い物

 このところ朝一で昼・夕食の惣菜を買いに出ていますが、早昼に食べているトウモロコシも無くなったし、、、などと考えてmakroへ。  果物は火金市場で購入していますが、熟れたマンゴがmakroにお手頃価格で並んでいたのでこれも購入。ただしちょっとグズグズまでに熟しているものもあり、やっぱり買うのなら火金市場がいいのかな。  トウモロコシ8本、マンゴ3つ、ヨーグルト  その後ソイブアカオ市場の前で惣…

タイの少数民族

 メーホンソンの星見場所では毎朝6時にホテルを出て山道を登って鳥を探していました。  後ろからピックアップトラックに乗った少数民族の人たちがどんどん追い越していきます  夫婦なのか1台のバイクに乗っていく人たちも、、、  考えても見てください、先は行き止まりで無理やり進めばビルマに行くという道です。どう見ても変なのですが、車だけで数十台、朝の通勤ラッシュです。  道の奥にはキャベツ畑が広がってい…

メーホンソンの花

 メーホンソンの山では、第二次世界大戦後、ケシの花が栽培されていました  野山を歩き回りましたが図鑑を見る限り、ケシの花のようなものは見られませんでした  、、、季節が違うのかもしれませんが。   花といっても、「草花の花」と「木の花」があり、今見るとゴチャゴチャですね

タイの高速鉄道

タイ国鉄東北線(バンコク⇔ヴィエンチャン⇔中国)の「高速鉄道」。 タイの高速鉄道は必ずしも高速で走行するというものではなく、周辺と完全分離するために鉄道の高架化や交差道路との立体化がなされています。  周辺と遮断すれば、月に何度も起きている踏切等での衝突事故が無くなり結果的に高速化されるわけです。  基本的に在来線敷地内に高速鉄道を建設しているので平面線形は良くなく列車そのものの高速化は難しいと…

旅先でのスマホ購入、その後

 旅先3日目の朝、サムソン携帯の電源が入らなくなり大慌て。  コードなりプラグなりを取り換えても充電できず。  症状的には数分~数十分間、電源を刺しておいてから起動ボタンを押すと最初の画面は立ち上がるものの、その後しばらくして画面が消えます。  結局、街の市場付近に出かけ、スマホ屋で2000バーツの格安携帯を購入しました。  この際に2000バーツではなくて4000バーツ程度の従来と同程度のスマ…